ロット数と内訳の分かりやすさを基準に缶バッジのマシンを選ぶ

缶バッジを製作したいなら、専門業者に依頼するケースが殆どです。それだけに、自分にとって最適と思われる業者を選ぶ必要があります。
では具体的には、何を基準に業者を選ぶのが良いかというと、主に3点あります。まず1点目は、早いか否かです。

缶バッジを製作する際には、たまに早さが求められます。取引先との兼ね合いなどがあって、一刻も早く缶バッジを作りたいというニーズも多いのです。

缶バッチ機械1
それで問題は、業者がスピーディーに缶バッジを 作ってくれるか否かです。即日で作成を開始してくれるか否かは、1つのポイントになるでしょう。

スピードは、業者によって異なるのです。たいていの業者は速やかに作ってくれますが、中には時間がかかる業者もあります。各社の製作スピードをよく比べた上で、自分にとって最適な所を選ぶと良いでしょう。

それと2つ目のポイントが、自分が希望する数に対応しているか否かです。例えば、小ロットに対応しているかどうかというポイントがあります。
そもそも缶バッジは、必ずしも多く数を作るとは限らないのです。特に販促活動に使う予定もないので、あくまでも少ない数で構わないという方々も大変多いです。

それで缶バッジの専門業者は、それぞれロット数に関する考え方が異なります。というのも業者によっては、ある程度まとまった数でなければ、受注が難しい事もあるからです。様々な売り上げ数字の問題があり、まとまった数でなければ、仕事を引き受けていない業者もあります。

しかし全ての業者が、多い数で受注している訳でもありません。中には、少ない数でも問題ない業者も存在するのです。それこそ缶バッジを10個程度でも製作してくれる業者もあります。

そもそも多くの缶バッジを作ってもらうとなると、依頼料金も高くなってしまうでしょう。あまり負担が大きくなってしまうのも困ります。ですから何ロットに対応しているかは、缶バッジの業者選びの基準の1つになる訳です。

そして、やはり料金です。もちろん妥当な料金で製作を行ってくれるか否かは、大切なポイントではあります。ですがその他にも、料金の内容が明確か否かというポイントがあります。

残念ながら缶バッジの専門業者によっては、料金の内訳が今ひとつ分かりづらい事もあります。結局何円程度の製作費用になるか、今ひとつ不明確な業者も存在する訳です。
もちろん中には、内訳が分かりやすい業者もあります。料金の分かりやすさは、業者選びの基準の1つになるでしょう。

 

缶バッジマシンなら業者に注文するよりも安く簡単に作れます