缶バッチの機械は量産が可能

バッグなどにつけてアクセントにしたい、オリジナルグッズのひとつとして販売したいなど、様々な理由でオリジナル缶バッジを作ってみたいと思うことがあるかもしれません。しかし缶バッジの機械を使ってどのような方法で作成できるのか、そもそも自作できるのかなど気になる点がたくさん浮かんでしまうこともあるでしょう。

実は缶バッジマシンを使わなくても100円ショップのアイテムなどを活用することで、缶バッジを自作することが可能です。くるみボタンという洋服などの飾りに用いられるボタンがあるのですが、それを作成するキットを代用することで簡単にオリジナル缶バッジを作成することができるのです。くるみボタンの型をバッジにしたい写真やイラストなどで包み込み、ニスやトップコートでコーティングして安全ピンをつけるだけという少ないステップで完成します。コーティングするのではなく、フィルムなどで包んであげる方法もあります。

 

缶バッジパーツとマシン

この時用意する写真やイラストはくるみボタンのサイズに合わせて印刷する必要がありますが、もし難しいと思った際には缶バッチ用のテンプレートなどを利用するのもお勧めです。テンプレートはインターネットで検索すれば配布されているサイトを見つけることができるでしょう。また、紙だとどうしてもしわになってしまうという場合には、家庭用プリンターで印刷可能なラベルなどに印刷するのも良いかと思います。このラベルは伸びやすいものであれば皺になりづらいですし、100円ショップなどでも売られているため入手が容易であるという点も嬉しいポイントです。

この自作方法は慣れてしまえば比較的量産が可能ですが、もっと大量に作りたい、しっかりとしたバッジを作りたいという場合には缶バッジの機械の購入も選択肢に入れておくと良いでしょう。缶バッジマシンの業者によって注文可能ロット数が異なるため、自身がお願いしたい数を受け付けているかどうか確認して選択する必要があります。データの入稿方法なども異なっており、デジタル入稿が主流となりつつあるため、もしアナログで入稿したい場合には注意が必要です。

最近では複数ではなく1個から受け付けている業者があったり、缶バッジといっても裏面がマグネットになっていたり鏡になっていたりと多様性に富んだアイテムを作成できる業者も少なくありません。安全ピン以外にもクリップが付いているタイプを作成できることもあるなどアイディアも広がることでしょう。

たくさん作ってイベントなどで販売したいというときには勿論缶バッジマシンを検討して、自分だけのオリジナル缶バッジがほしいといったときにも自作してみると良いかもしれませんね。