青春と缶バッチ機械

青春、してますか? 大人になってから、もっと高校生活を楽しむべきだった、とか…いろんなこと、思うんですよね。 特に文化祭とか体育祭。部活動とかもそうですね。絆的なものを感じたことがほとんどない自分は、正直いって損しているなと思います。 心の底からアツくなること、今までの人生の中で何回あっただろうかと。振り返ってみた時、後悔しかありません。

だからこそ、若い方たちにおすすめしたいのが、オリジナル缶バッジを缶バッジ機械を使って作ることです。なぜ缶バッジマシン?そう思う方もいるかもしれません。確かにオリジナルTシャツとか…そういうものもアリといえばアリですもんね。 でも、考えてみてください。ずっと残せますか?大人になったら就職や引越しだってします。結婚して新居をかまえて…そんな時でもTシャツ、ずっと持っていけますか?

だからこそ缶バッチマシンがおすすめなんです。だって缶バッジならば大きさはほどほどですし、かさばることもありません。引き出しにひっそりしのばせておく、なんてことだってできちゃいます。 たまに出してしみじみ振り返る、なんてことも。他にも、成人式だったり、結婚式の二次会だったり、いろんな行事の時に久しぶりにつけてみる、なんてのもアリですね。同窓会とか、部活の集まりだとか…絆が一生ものになると思います。

ちなみに。 もう大人だし、という方も諦めてはいけません。諦めたらそこで試合終了です。今現在、なにか燃えていることってありますか?もしあるんだったら、それを缶バッジにしちゃえばいいんです。 例えば、誰かのファンをやっているんだったら、その対象の方のバッジを作るのもいいですし、グループ名をデザインしてオリジナルの缶バッジを作るのもいいですね。周りから見て「欲しい…」と思えるような缶バッジが作れたら。それだけできっと満足できること間違いナシです。

そういうものがなんにもない、という方でも、例えば自分の子どもの写真入りのオリジナルバッジなんてのもおすすめです。別に外へつけていかなくたっていいんですよ。手元に置いておいてたまに眺めてニヤニヤする…そういうのもいいじゃないですか。 結局、そのオリジナル缶バッジを作った当時の思い出だったり、感情だったり、状況だったり。いろんなものが残りますからね。ただ写真を残すよりも、印象に残りやすいんです。

ここぞという時にこそ、缶バッチマシンを買ってオリジナル缶バッジ、製作してみませんか?思い出を形にして残すことって結構重要なんですよ。記憶として残すだけでは、どうしても月日が流れてしまうと少しずつ薄れていってしまうので…。今はかなり安く買える時代になったのでかなりおすすめです。