缶バッジマシンを使った様々な缶バッジの飾り方

一時期ピンバッジなどに押されていた時期もあった缶バッジですが、最近では再び人気が上昇してきていますね。特にグッズなどに活用されることが増えたということもあり、コレクションアイテムのひとつとして手元にはたくさんの缶バッジマシンがあるという方も少なくないでしょう。

しかし缶バッジがたくさんあるとどのようにして保管しておくかという新たな悩みが発生します。ケースなどに入れて保管するのも良いですが、せっかくならば飾っていつでも見られるようにしておきたいと思うこともあるでしょう。実は缶バッジの飾り方にはいくつか方法があります。

まずひとつが額縁を使った方法です。これには少し奥行きのある額縁とそのサイズにあわせて切り取ったスポンジが必要となりますが、さながら美術品のように綺麗に飾ることができるようになります。作り方は簡単で、まずスポンジを置き、缶バッジを置きたい場所にピンが入るように切れ込みを入れ、そこに実際にピンを差し込みます。念のため缶バッジが落ちないようにピンを髪を閉じるときに使うクリップでとめておきましょう。この作業を缶バッジの数だけ行います。すべてセットできたらスポンジを額縁にはめ込み、完成です。ガラス付きの額縁であれば埃が入ることも少ないですし、コレクションアイテムとして眺めやすいというメリットもある実用的な方法です。

もっと手軽に飾りたい、たまにバッグなどに付けたいというときにはコルクボードを活用するのが良いでしょう。コルクボードに、コンセントなどのコードを壁に固定するコードフックを貼り付け、そこにバッジのピン部分を差し込むのです。バッジのサイズによって幅などを自由に変えることが可能なため隙間なく飾ることができますし、フックに差し込んでいる形なのですぐに抜き取って使うこともできます。

更に手軽に飾りたいのであれば、100円ショップなどで売られているウォールポケットを使う方法がおすすめです。ウォールポケットとはポケットがいくつもついたもので、クリアカラーのものが多いという特徴があります。そのためそれに缶バッジを入れて壁にかけておけば、それだけで簡単に飾ることができるようになるのです。埃等が気になるのであればジッパータイプの小袋に入れてからウォールポケットにいれると良いでしょう。

缶バッジマシンを飾る際に専門のスタンドなどはないようですが、工夫をすることによって様々な飾り方ができるようになります。様々な方法を使って缶バッジをきれいに飾ってあげたいものですね。