缶バッジマシンを使った缶バッチの作り方

缶バッジマシンは驚くほど操作が簡単ですので誰でもすぐに素晴らしいカンバッジを作成することができます。缶バッチの作り方は4つのステップで完成ですので覚えるのもカンタンです。紙の厚さによっては上手くプレスできない場合や缶バッチが失敗してしまうこともありますので、用紙の厚さを変えてみたり、間に紙を挟んでみたりしてください。

缶バッジの作成のステップ

日本製の缶バッチマシンを例にして次の4ステップで説明します。海外製の缶バッジ機械も同じようなステップで作ることができます。

缶バッチの作り方1

STEP1:まずお気に入りの原稿をカッターや専用の道具を使ってそれぞれの缶バッチの原稿の大きさにカットします。円形のカッターでもいいですが、別売りのライトカッター、Kカッターなどを使った方がより綺麗に正確にカットすることができます。このライトカッターやKカッターにつきましてはお問合せください。

缶バッチの作り方2

STEP2:右側のアタッチメント(金型の受け皿)に上フタと原稿、とれと透明のフィルムを乗せます。ハンドルに手を掛けて上から押し下げてプレスします。ハンドルを下に下した時に少し重みが感じられたらプレス完了です。

缶バッチの作り方3

STEP3:右側のアタッチメントで一度プレスしたら、今度はアタッチメントを右に動かして、左側のアタッチメントに下のフタをセットしてもう一度プレスします。この時もハンドルを下した時に少し重みを感じればオーケーです。

缶バッチの作り方4

STEP4:缶バッチマシンからバッジを取り出すと、完成です。 衣服に付けたり、バックや帽子などにつけて楽しみましょう。